Misao Ladies Hospital不妊治療特設サイト
〒502-0846 岐阜県岐阜市津島町 6-19 TEL 058-233-8811
操レディスホスピタルWebサイトへ

不妊治療の検査

ここでは、当院での実施検査と治療についてご説明します。
下記の検査は、治療開始前に実施させていただいています。その理由は、赤ちゃんができない原因を治療開始前に把握できれば、無駄な治療を省いて最短で妊娠という目標に達成できるからです。なお、他院ですでに下記の検査が半年以内にお済みの場合は、その検査結果を診察時にご持参ください。当院であらためて検査する必要はなくなりますので、忘れずにお持ちになり医師へ提示してください。
治療に伴う検査は、奥様だけでなくご主人も一緒に受けていただく必要があります。不妊治療は、ご夫婦での治療となりますのでどうかご理解ください。

実施検査(随時)
基礎体温表
クラミジア検査
経腟超音波検査
AMH(アンチミューラリアンホルモン)検査
指定日検査
血液ホルモン検査
フーナーテスト(性交後テスト)
子宮内膜着床能検査(ERA検査)
子宮内細菌叢(子宮内フローラ)検査
予約検査
子宮卵管造影検査
精液検査(自宅採精・当院採精)

まずは検査をして、原因をつきとめましょう!

不妊症の検査や治療には、初期段階でも約1ヵ月間は時間を要しますので、不妊治療の専門医を受診されることをおすすめします。これは受診の途中で検査や治療などに不信感がつのると、転院などを繰り返し、結局時間はもちろん、経済的にも心理的にも負担が増しストレスをかかえてしまうからです。それを避けるためには、信頼できる医療機関でご夫婦と医師とが、不妊治療という道のりを三人四脚で、気持ちにゆとりを持ちながら進むことが大切です。
ただし、ここで注意していただきたいのは、すべての方の不妊の原因が特定できるわけではないということです。不妊治療は、とても進歩しているイメージを持たれるかもしれませんが、それは生殖補助医療をはじめとした治療法であり、検査法はそれほど変わっていません。したがって、不妊の原因が特定できるのは、まだ一部でしかないのです。検査で異常なしという判定が出た場合、言いかえれば不妊の原因は不明ということであり、現状の医学では、解明できない異常があるということを含んでいます。

一般的な不妊検査は次の通りです(同時に並行して行うものもあります)。

1基礎体温表

基礎体温の測定方法
専用の婦人体温計を使用し、毎朝目覚めたらからだを動かさず、すぐに舌下計測します(話をしない、トイレに行かない)。
日付と月経周期をグラフに記入してください。日付欄はあらかじめ1ヵ月先まで記入しておくと便利です(次回の通院や検査の予定のため)。また月経量や月経痛の有無、不正出血の有無も記入してください。
ただし、基礎体温の測定がストレスになる方は無理に続ける必要はまったくありません。基礎体温の測定なしでも診療は可能です。
基礎体温をつけると何がわかる?
排卵が起きると、卵巣には黄体ができて黄体ホルモンの分泌がはじまります。黄体ホルモンは、体温を上昇させるはたらきがあり、その作用で基礎体温は高温相になります(2週間程度)。逆に、月経から排卵までは低温相となります。つまり、基礎体温表が低温相と高温相の2相性になっている場合は排卵が起きていると考えられます。排卵のない方(無排卵)の場合、低温相のみの1相性になります。高温相は通常約14日間続きますが、10日間より短い方は黄体ホルモンの機能が悪い(黄体機能不全)と考えられます。また、高温相が2週間以上続いている場合は、妊娠の可能性があります。さらに、月経と月経の間が40~50日以上ある場合は排卵していない可能性があります。

2クラミジア検査

クラミジア感染症は、20~30代に多く認められる感染症です。ほとんど無症状のため、子宮の入口からお腹の中へ時間とともに感染が広がるまで放置されることが多く、卵管の周りの癒着や卵管閉塞などを引き起こします。これが不妊症の原因となるケースが増えていますが、ご夫婦ともに抗生物質を内服することで治療できるため早期発見が重要となります。検査は子宮ガン検診と同様に簡単な検査です。

3経腟超音波検査

初診の内診時に全例実施します。腟内に親指ほどの大きさの超音波を発信する器具(プローブ)を挿入し、子宮や卵巣の状態をモニターで観察します。超音波により子宮や卵巣の情報、形態学的異常(子宮筋腫・子宮腺筋症・卵巣嚢腫)の有無などが詳細かつ簡便にわかるため、不妊治療をはじめる上では欠かせない検査です。とくに排卵直前では卵胞(卵巣内に存在する卵子が入っている袋)の計測が可能で、排卵時期をほぼ正確に予測できます。それと同時に、胚が子宮内に到達して、妊娠成立の最初の現象である着床を上手く起こしてくれるかどうか、子宮内膜を形態的に判断することが可能です。さらに、実際に排卵したかどうかも卵巣の形態的変化を観ることで的確に診断できます。からだや胎児への影響はありません。

4精液検査

男性不妊は、不妊原因の30~40%を占め、精液の所見によっては治療レベルの考慮が必要となるため、きわめて重要な検査です。2~3日間の禁欲後に精子の濃度や形態、運動性などを検査します。精液の所見は、日によって大きく変動があるため、2~3回程度の反復検査が必要となります。当院では、精液検査は予約制です。検査をご希望の方は受付でお申し込みください。

5子宮卵管造影検査

女性側の不妊原因として一番多い卵管の異常は、この検査でほぼ判明します。不妊症の原因として卵管因子はかなりの確率(約20~30%)を占めるとされています。すでに妊娠の既往がある方も1年以上の期間が経っていれば、続発性不妊症と考えて実施した方がよいと思われます。
検査は予約制で、月経終了後から排卵前の間に行うレントゲン検査です。子宮の入口から細いチューブを挿入し、造影剤の溶液を注入、子宮の形や卵管の通過性や卵管采周囲の癒着の程度を調べます。また、検査後は妊娠しやすくなるため、検査目的に限らず治療目的もかねています。卵管は、卵子や精子の通り道であり、受精するステージなので、詰まっていたり癒着のある場合は、妊娠の大きな妨げとなります。検査所見によっては治療レベルの考慮が必要なため、この検査は早期に済ませておくことをおすすめします。
検査費用は自費で10,000円(税別)です。

6血液ホルモン検査

基本的なホルモンの流れを知るための検査は月経中に行います。脳下垂体から分泌される2つの性腺刺激ホルモン(卵胞刺激ホルモン:FSH、黄体化ホルモン:LH)が卵巣を刺激し、卵胞発育と排卵を促すと同時に卵巣から卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌させます。極度の月経異常や排卵障害の場合は、障害部位を特定するためにLH-RHというホルモンを投与して脳下垂体の反応をみる、LH-RHテストを行います。また、脳下垂体から排卵障害に関与する乳汁分泌ホルモン(プロラクチン:PRL)というホルモンの分泌が高まることがあります。ところが日中に測定したPRLの測定値が正常であっても、夜間に上昇して排卵障害や黄体機能不全を起こすことがあります。これを潜在性高PRL血症と呼び、TRHというホルモンを投与して、脳下垂体からのPRL放出の反応から異常の確認をするTRHテストを行います。正常なホルモンの流れに影響をおよぼす男性ホルモンや甲状腺ホルモンの測定も欠かせません。また、排卵が正常であっても妊娠を維持するホルモンが足りない場合は、支えきれず月経が起きてしまいます。排卵から1週間頃に卵巣から着床に十分なホルモン(プロゲステロン、エストロゲン)が出ているかどうかを検査します。
院内での検査判定が可能なため、体外受精刺激中など迅速な結果が必要な場合は、約30分で検査結果をお伝えできます。

性ホルモンの基礎知識

FSH(卵胞刺激ホルモン)
脳下垂体から分泌されるホルモンで、卵巣に作用して卵胞(卵巣内に存在する卵子を内包している袋)を発育させる作用があります。また、LH(黄体化ホルモン)とともにエストロゲン(卵胞ホルモン)の合成を助ける作用があります。血液中のFSH値から、卵巣がどれくらいの卵胞を発育させる能力があるのかを予測できます。このFSH値が異常に高い場合、卵巣の機能が悪いことを意味しています。
LH(黄体化ホルモン)
LHは、脳下垂体から分泌されるホルモンで、成熟した卵子を排卵させ、黄体を形成させる作用があります。排卵の約36時間前にピーク状に分泌されます(LHサージ)。この血液中や尿中のLHを測定することにより排卵の時期を予測することが可能です。
エストロゲン(卵胞ホルモン)
エストロゲンは、卵巣にある顆粒膜細胞と呼ばれる細胞から分泌され、卵胞期(基礎体温の低温期)に子宮内膜を厚くして、排卵前に子宮頚管粘液量を増加させる作用があります。
プロゲステロン(黄体ホルモン)
プロゲステロン(黄体ホルモン)は、排卵した後に形成される黄体から分泌されるホルモンです。子宮内膜に作用して内膜の性状を変化させて胚が着床しやすい環境にしたり、子宮の筋肉の緊張を低下させたりします。黄体期(基礎体温表の高温期)のプロゲステロンの値より黄体機能を評価することができます。黄体機能不全は着床障害や流産の原因になります。
プロラクチン(乳汁分泌ホルモン:PRL)
脳下垂体から分泌されるホルモンで、乳汁分泌ホルモンという名前の通り、分娩後の授乳時に多く分泌されるホルモンです。このホルモンは、男女ともに正常でも少量分泌されていますが、値が高くなると男女ともに不妊症の原因になります。女性では、PRLの値が高くなるのにしたがって、排卵障害、無月経、黄体機能不全になります。日内変動もみられ、日中の血液検査でPRL値は異常なしでも、実際には夜間や睡眠時にホルモン値が高い方もいます。
TSH(甲状腺刺激ホルモン)および甲状腺ホルモン(T3・T4)
脳下垂体から分泌されるホルモンで、甲状腺を刺激して甲状腺ホルモン(T3、T4)の分泌を促します。甲状腺ホルモンはからだの基礎代謝に関係している大切なホルモンで、多すぎても(甲状腺機能亢進症)、少なすぎても(甲状腺機能低下症)、不妊の原因になることや、流産や死産、児に異常を生じることがあります。

7フーナーテスト(性交後テスト)

排卵日頃の子宮頚管粘液と精子との相性を調べる検査です。排卵日頃に性交後、24時間以内にご来院いただき、子宮頚管の粘液を採取して顕微鏡下で精子の数と運動状況を判定します。この検査では、頸管粘液中での精子の運動状態や、頸管粘液が精子を受け入れているかどうかを判断できます。検査の結果が思わしくない場合には、精子が子宮を通って受精が行われる場所である卵管まで到達できず受精ができません。その場合には再度検査を行います。

8子宮内膜着床能検査(ERA検査)

原因不明の反復性着床障害(良質な受精卵を複数回移植しても妊娠に至らない場合)の原因として子宮内膜の着床ウィンドウが胚移植日と一致していないという報告が国内外で報告されています。つまり、子宮内膜に受精卵が着床できる時間や時期は個人差があり、適切な時期に移植することにより妊娠が可能になるのではないかという考えです。当院では、患者さまの着床ウィンドウの結果から移植の時期を判断するためにこの検査を実施しています。患者さまの子宮内膜組織より抽出したRNA産物をNGS(次世代シーケンサー)を用い、236個の発現遺伝子を解析することにより着床ウィンドウを明らかにすることが可能となりました。この検査は子宮内膜組織を採取するため、検査周期では胚移植は行いません。子宮内膜を採取するため出血、痛み等を伴う場合もあります。子宮内膜を採取した時期の結果がReceptiveの場合、着床ウィンドウには問題がなく、受精卵をこの時期に同じ条件にて胚移植することにより妊娠が期待できます。Non‐Receptiveと結果が出た場合は、再検査が必要となります。この場合の検査結果には、次回検査時の子宮内膜採取のタイミングの指示が記載されています。再検査の結果を確認することで患者さま個人の最適な胚移植時期を特定できるというのがこの検査の特徴です。
検査費用は自費で120,000円(税別)です。

9AMH(アンチミューラリアンホルモン)検査

AMHはアンチミューラリアンホルモン(または抗ミュラー管ホルモン)の略で、「残りの卵子の数」と表現されていることが多いですが、AMHは「供給されている卵子の数」をあらわしています。専門書には「AMHと残りの卵子の数は比例します」と記述がありますが、何がどう違うのでしょう。
ヒトの卵胞は、原始卵胞→一次卵胞→二次卵胞→前胞状卵胞→胞状卵胞の順に発育します。
「残りの卵子の数」=「原始卵胞」、「AMH」=「一次卵胞、二次卵胞、前胞状卵胞」の顆粒膜細胞で産生されるもの、つまり原始卵胞から供給されて作られた卵胞で作られるものがAMHです。「現在供給されている卵子の数」が「現在育つことができる卵子の数」ですので、まさにその時点での卵巣の反応性(卵巣刺激して卵子がどのくらいとれるか)を現しています。
よく誤解されるのが、AMH値が低い=妊娠率も低くなると思われがちなことです。AMH値を測定していないから知らないだけで、実はほとんどゼロに近い数値でも自然に妊娠・出産している方はたくさんいます。要するに、AMHは妊娠率を語りません。卵の数が少ないということは妊娠率が低くなるということではなく、不妊治療をできる期間が限られてくるということを示すのであって、「AMHが低いからほとんど妊娠できない」ということではありません。
AMHは個人差があります。卵子は加齢に伴い減少しますので、原始卵胞が増加することはありませんが、月経周期毎に育ちはじめる卵胞数が異なるため、一時的にAMH値が増加する場合もあります。AMHの高値、低値は健康上何ら問題ありませんが、AMHが低下することは、すなわち卵子の残りの数が少なくなることを意味しています。おおまかに言えば、AMHの値が3.0から5.0ng/mlであれば安心でき、卵巣予備能は適正と考えられます。AMHの値が1.5ng/ml未満の場合、体外受精治療で通常の卵巣刺激法をしても十分な数の卵子が採れません。このような場合には、排卵誘発剤による卵巣の反応が悪く不妊治療のできる限界も次第に近づいていると考えられます。AMHの値が、6.0ng/ml以上ある場合には、多嚢胞性卵巣症候群が疑われます。当院では、体外受精法を施行する場合、採卵前にこの検査を実施させていただき、卵巣刺激法の選択基準の1つにしていますが、体外受精を受ける予定でない方も自分の現在のAMH値を知っておくことは治療の時間的猶予を知るためにも有用だと考えられます。
この検査は院内での判定が可能です。
AMHの測定は、測定方法の変化等により単位・数値も変更されています。また、個人差もありますので、AMHの値は卵巣予備能の目安とお考えください。
検査費用は自費で5,800円(税別)です。

10子宮内細菌叢(子宮内フローラ)検査

腟内におけるラクトバチルス菌は善玉菌と呼ばれ、正常な腟内では常在しており雑菌を排除し腟の自浄作用(清潔に保つ)に働いていることはよく知られています。近年、正常な子宮内の環境もラクトバチルス菌が優位であることがわかり、ラクトバチルス菌が少なく他の菌が多い子宮内環境では着床率、妊娠率、妊娠継続率、生児獲得率が有意に低くなるデータが発表されました。つまり腟と同様、ラクトバチルス菌は子宮内の常在菌として存在し、子宮内環境を良い状態に保っていることがわかり、ラクトバチルス菌の割合の低下は、子宮内膜の炎症反応を引き起こすことにより着床障害を起こす可能性があります。

適応
原因不明不妊、着床障害、反復流産、不育症、体外受精反復不成功例などは子宮内細菌叢検査を行うことにより治療成績の改善が期待されます。
検査方法
これらの細菌は、とてもわずかしか存在しないため、通常の細菌培養検査では見つけることが難しく、次世代シークエンサーを使用する方法(多数の細菌のDNA配列を解読する)を用いてはじめて、微量な細菌を検出することができます。子宮体ガン検査と同様で通常の外来診療で行うことができ、検査時期は生理終了後から排卵までの間に行います。
治療
ラクトバチルス菌が少なく他の菌が多い場合はその菌の種類に応じた抗生物質の内服を行います。また、腟内の細菌叢を改善する治療をします。
注意点
あくまで研究段階の検査・治療方法です。体外受精の成績に関する論文も出されましたが、まだガイドラインに掲載されるまでのデータの蓄積やコンセンサスは得られていません。またタイミング治療や人工授精に関してはデータがありません。
抗生物質の投与によるアレルギーや消化器症状などの一般的な副作用はあります。

検査費用は自費で37,000円(税別)です。2回目以降は30,000円(税別)となります。