Misao Ladies Hospital不妊治療特設サイト
〒502-0846 岐阜県岐阜市津島町 6-19 TEL 058-233-8811
操レディスホスピタルWebサイトへ

再生医療・PRP療法 (多血小板血漿)

当クリニックは、2020年6月に厚生労働省「再生医療等委員会」より施設認定され、不妊治療におけるPRP療法を開始いたしました。

PRP療法とは

多血小板血漿(platelet rich plasma)を使った不妊治療とは、患者さま自身の血液から 抽出した高濃度の血小板を子宮内に注入する方法です。
血小板は、出血を止める作用の他に 細胞の成長を促す物質や免疫にかかわる物質を含むため、このPRP療法により子宮内膜が十分に厚くなることが期待できます。これにより 受精卵が着床しやすくなる可能性が高くなると考えられています。
PRP療法は、不妊治療以外に顔の皮膚や関節に投与する研究も行われています。

治療の流れ

  1. 患者さまの前腕から静脈血を20cc採取します。
    20ccの血液を採取する
  2. 専用の機器(遠心分離機)で血漿部分を抽出します。
    採取した血液を遠心分離機にかける 調整終了
  3. 調製したPRPを患者さまの子宮内に注入します。 採取したPRPが固まるなど、その性状が注入に不適切と判断された場合には投与を中止することがあります。その場合、採血が複数回になることがあります。
    PRPを子宮膣内に注入する

PRP療法の適応

当院では、以下の条件を満たす患者さまに対して、PRPの子宮内腔投与を行います。
融解胚移植周期のエストロゲン製剤使用では子宮内膜が厚くならない方
治療の趣意と必要性を理解した上で、書面にてご本人の同意をいただける方
反復不成功例の方

安全性

PRP療法は、法律に基づき、再生医療等提供計画の届出後、厚生労働大臣に受理された治療となります。患者さま自身の血液を使うため、アレルギー反応等の心配が少なく、これまで国内外での使用において重篤な有害事象は報告されていません。

費用

PRPを用いての不妊治療は、胚移植費用とは別に148,500円(税込)となります。
※他院で治療中の患者さまは170,500円(税込)です。
同じ生理周期に2回目の注入をご希望の場合は、別途55,000円(税込)です。