Misao Ladies Hospital不妊治療特設サイト
〒502-0846 岐阜県岐阜市津島町 6-19 TEL 058-233-8811
操レディスホスピタルWebサイトへ
体外受精・胚移植法のステップ

2 卵巣刺激法(排卵誘発治療)

体外受精法を行う上で、重要なプロセスの1つになります。1個の卵子よりも5個、10個と卵子がより多い方が、良質な卵子が採れる確率も高くなります。また、複数個の受精卵を得ることで妊娠不成立となっても毎回繰り返し採卵を行う必要がなく、2人目希望まで凍結保存可能です。この良質な卵子を複数個獲得する目的で、卵巣刺激法を行うことが多くなっています。
卵巣刺激法に用いられるホルモン剤には、卵子を育てる役割のHMG・FSH製剤と卵子の成熟を開始させる作用のあるHCG・LH製剤、自然排卵を抑える作用のあるGnRHアナログ製剤(点鼻薬)・GnRHアンタゴニスト製剤(注射薬)があります。どの卵巣刺激法を行うかは、患者さまそれぞれの状態に応じて、最も適した方法を医師が決定しています。中でもショートプロトコールとGnRHアンタゴニスト法が最も多く用いられている方法ですが、複数のプロトコールを組み合わせる場合もあります。

ショートプロトコール
最も多くの卵子を得られる方法です。月経1日目から点鼻薬を使用開始し、月経3日目からHMG・FSH製剤の注射を7~10日間、連日行います。この注射は、卵胞が18mmくらいに発育するまで続きます。人によって卵巣の反応性が異なるため、注射の期間も変わります。
点鼻薬は、原則的に1日3回、8時間おきに両方の鼻にスプレー(1日6噴射)します。この点鼻薬は、採卵前々日の夜まで続けます。
ロングプロトコール
治療前の周期の黄体期(高温期)から点鼻薬を使用開始します。点鼻薬の使用方法は1日2回、12時間毎に両鼻にスプレーし、月経1~2日目からは1日3回、8時間毎にスプレーします。月経3日目からは、HMG・FSH製剤の注射を7~10日間、連日行います。この注射は、卵胞が18mmくらいに発育するまで続きます。人によって卵巣の反応性が異なるため、注射の期間も変わります。
点鼻薬は、採卵前々日の夜まで続けます。
ウルトラロングプロトコール
治療前の周期の黄体期またはそれ以前より点鼻薬を使用開始、あるいは皮下注射のGnRHアナログであるリュープロレリンや点鼻薬を使用して、HMG製剤の注射を7~10日間、連日行います。子宮内膜症・子宮腺筋症などの疾患の治療に、引き続き採卵を行う場合に選択されます。
GnRHアンタゴニスト法
月経3日目からHMG・FSH製剤の注射を7~10日間、連日行います。卵胞がある程度大きく育ったところで排卵を抑えるGnRHアンタゴニストを開始します。通常、GnRHアンタゴニストは最大卵胞径12~14mmから投与開始し採卵日決定時まで使用します。
自然周期法
上記のような点鼻薬やHMG・FSH製剤を一切使用せず、自然に発育する卵胞を利用する方法です。自然周期法の場合、排卵を制御できないため、院内での迅速ホルモン測定にて適切な処置と最適な採卵時期を決定します(採血後20分程で結果が出ます)。
クロミフェン療法・シクロフェニル療法
低刺激法と呼ばれる方法です。通常、月経2~3日目からクロミフェンの内服あるいはシクロフェニルの内服を開始します。卵胞の発育を経過観察しながら、HMG・FSH製剤の注射を2~5日間併用したり、GnRHアンタゴニストを併用する事もあります。低刺激法の場合、排卵を抑制できない例もあり、院内での迅速ホルモン測定にて適切な処置と最適な採卵時期を決定します(採血後20分程で結果が出ます)。
レトロゾール法
低刺激法と呼ばれる方法です。月経3日目からレトロゾール製剤を服用し、月経5日目からクロミフェンあるいはシクロフェニルの内服を開始します。卵胞の発育を経過観察しながら、HMG・FSH製剤の注射を2~5日間併用したり、GnRHアンタゴニストを併用したりすることもあります。
ランダムスタート法
時間的に余裕のない方をできうる限り早く採卵につなげたいという発想から考えられた卵巣刺激法です。 かつて卵巣刺激は、卵胞期初期から刺激を行うという考え方が通常でしたが、ヒトにおける卵胞発育の理解の進展とともに体外受精の卵巣刺激における治療方法の変化をもたらしました。発育する卵胞は絶えずリクルート(補充)されており、月経周期のどの時期から排卵誘発を開始しても採卵は可能です。今まで報告されたランダムスタートのデータからも卵胞発育に数日多く時間がかかりますが、採卵数、成熟卵数、受精率には有意差を認めていません。メタ解析(複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること)でも黄体期の刺激で排卵誘発剤の投与期間・投与量の増加はありますが、受精率は高く、凍結卵数は差がないと報告されており、これまで行われてきた卵巣刺激法の治療成績と変わりありません。
遅延スタート法
卵巣予備能力が低下し通常の刺激方法では得られる成熟卵数が少ない方の卵胞の発育を均一化し、より成熟卵を多く獲得するための卵巣刺激法です。刺激前周期にエストロゲンを投与し、月経2日目よりGnRHアンタゴニストを数日投与後HMG・FSH製剤の注射を開始し採卵まではGnRHアンタゴニスト法と同様に刺激を行います。
CRASH法
卵巣予備能力が低下し通常の刺激方法では得られる成熟卵数が少ない方の卵胞の発育を卵巣刺激開始時に同期化させて、より成熟卵を多く獲得するための卵巣刺激法です。黄体期中期に高用量のGnRHアンタゴニストを投与します。

〈卵巣刺激法で使用する薬剤の解説〉

点鼻薬(GnRHアナログ製剤)
点鼻薬は、脳の下垂体に作用してゴナドトロピン(FSHやLH)の分泌を抑制する作用があります。この点鼻薬を使用することにより、卵胞が順調に発育した後、自然の排卵を抑制します。
注射排卵誘発剤(HMG製剤・FSH製剤・リコンビナントFSH製剤)
卵胞を発育させるための注射薬です。卵巣刺激法により注射の開始時期と量は異なります。現在、HMG・FSH製剤には数種類の製剤があり、どの薬剤を使用するかは患者様のそれぞれの状態と薬剤の特徴を考慮して医師が決定します。これらの注射は、筋肉注射あるいは皮下注射で行います。この注射を開始後、ある程度卵胞が発育してきた頃の卵胞の発育状況に応じて、その後の注射薬の量を調節します。
HCG製剤・リコンビナントLH製剤
この製剤は、発育した卵胞の最終的な成熟と排卵を促すための注射薬です。採卵を行う前に必要となる重要な注射薬です。医師が指定した時間にこの注射を受けて、その約34~35時間後に採卵を行います。女性ホルモン値上昇がリスク因子となるホルモン依存性がん患者や血栓リスクのある場合、OHSSのリスクが高い場合はHCG・LH製剤の代わりにGnRHアゴニスト(点鼻薬)で排卵を促します。
GnRHアンタゴニスト製剤
排卵を抑制することや、LHホルモンを抑制し質の高い卵胞を成長させることを目的として使用する注射薬です。premature LH体質の方(卵胞が成熟する前にLH分泌を開始してしまう)の場合では卵胞の質向上が望めるといった利点や卵巣過剰刺激症候群になりにくいという利点があります。

※毎日の当院への通院が諸事情で困難な方は、近隣の医療施設で注射を受けることも可能です。また、ご自身で注射できるようなご相談にも応じますので医師にご相談ください。